<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

おかげさまで

今月も無事福岡への往診を終えることができました。
今回で12回目でした。
一年間続けてこられたのは周りの方達と患者さん方のご協力があってのことです。
本当にありがとうございます。

それとオイルを購入していただいた患者さん方へお伝えしたいのですが、
とにかく、私が指定した場所にオイルを塗っても体調に改善が見られなくなったらご連絡ください。
即対応させていただきます。
ご遠慮なくどうぞ。

なお、こちらが電話に出られなくて留守電になってしまった場合、患者さんのお名前とこちらから連絡しても大丈夫かどうかの件だけ録音お願いします。
[PR]

by hariponpon | 2012-02-25 01:57 | Comments(0)  

ライト療法についての詳しい説明

ライト療法について

ライト療法は、積コンセクレイティッドオイルを身体に塗ることによって行なう治療法です。
昔から知られている経絡経穴(ツボ)を小さな「点」でなく広い面の「治療帯」として解釈することにより、
治療経験のない一般の人でも、かなり簡易にご自身が治療できるのが特徴です。

また使用する積コンセクレイティッドオイルの特徴に、「カラダの健全性の復活」があります。
それはどういうことかといいますと、慢性腰痛の痛む部位の筋肉は、例えばちょっと立っていると痛み始めたりするわけですが、
それが正常状態だと勘違いしている節があるのです。
もし腰の筋肉に口があったら「私は弱いのが普通の状態です」と主張しているのです。
自身の状態を正常だと考えている筋肉が「治ろう」と思ってはくれないということです。

積コンセクレイティッドオイルは、こういった状態のカラダの各部位に本来の免疫力を復活させる効果があります。
ある意味自発的に「病気的であるのが当然」と思っているカラダの各部位に、それを止めさせる効果があります。
そういう意味では、病状の軽重に関係なく効果がだせる可能性があります。

ライト療法は25セットで構成されている治療法です。
1セット目から25セット目まで順番にオイルを塗っていきます。
なぜ順番があるのかというと、「カラダのある部位を治療したいのなら、他のある部分がある程度整っていなければならない」というルールがあるからです。
例えていうなら、「ショーウインドウの中の宝石を手に取りたいのなら手を伸ばす前に、鍵を開け、扉を開く、2工程が必要だ」ということです。
目に見えるからといって手を伸ばしてもガラスに阻まれるだけです。
これをライト療法に当てはめると「胃(ライト療法11セット目)の具合が悪いのならば、その前の10セットをやっておかないと治療効果はでない」となります。
ある意味、効率的に治療効果をあげる「順番」の集大成がライト療法ともいえます。

また25セットの内容はほぼ全身を網羅したものとなっている為、俗にいう「原因不明」の疾患にも効果があがりやすいのも特徴です。
カラダのどこに「原因」があるのかわからなくても、全身を治療してしまえば「原因」に当たっているだろうという考えです。
暗闇の部屋の床を掃除する際、どこが汚れているかわからなくても、全部拭いてしまえば汚れはとれているはずです。
そして、身体活動はカラダの各部位の関連で行なわれています。
一箇所でも「弱い部分」があれば、それが全身的な問題に転嫁します。
逆にいうと、その「弱い部分」が良くなれば全身が良くなる可能性があるわけです。
そしてその「弱い部分」が「原因」である場合が多く、ライト療法では結果として「部分」でなく「全身的」に効果が及ぶことが普通です。
[PR]

by hariponpon | 2012-02-13 20:49 | ライト療法 | Comments(0)