<   2013年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

お散歩福岡

出張1日目の仕事が終わった後、宿泊先にオーナーに連れて行ってもらって向かうついでに博多駅のイルミネーションを見てきました(´∀`)
c0215945_00163779.jpg
c0215945_00164522.jpg
c0215945_00164720.jpg
c0215945_00164191.jpg
c0215945_00164317.jpg
c0215945_00163293.jpg
綺麗ですねえ(´∀`)

今回の出張の印象は「もう山は越えた、後は時間なりにどんどん良くなっていくだけ」でした。
元から福岡オーナーは師匠の期待する能力を持っている人なんですけどね。

心配していたこれからオーナーを支えてくれるはずの子もさらに整っていました。
会員でもないのに大したもんですよ、見習わせたい。

今回もありがとうございました。


[PR]

by hariponpon | 2013-11-30 00:24 | Comments(0)  

ただいまー

先ほど福岡出張から帰りました。
今回も結構忙しかったです。

色々書きたいことありますけど、今日は眠いのでまた書きますねー。

[PR]

by hariponpon | 2013-11-27 21:49 | Comments(0)  

昨日と今日とまた明日も

昨日はSBM東京サロンで治療会、今日はシビックセンターでセミナーを行いました。

治療会の方はいつもどおりの盛況、セミナーは参加者さんは3名さまでした。

前半は不妊症対策、内容はやたら濃くしておきました(´∀`)
理解できると鍼灸師になれます(´∀`)

後半は美顔鍼とSBMトリートメント。

東京サロンオーナーに写真を撮ってもらってお顔の変化を確かめながらの行程。
参加者さん達はびっくり喜んでくれていました(´∀`)

今回はほんとはっきり写っていて面白かったです。
やっぱりこういうのはちゃんとした写真撮れる人がいると締まりますね(´∀`)

これ、世間様に知れ始めたらすごいことになりますよ。

わたしの腕もどんどん上がってますし(๑≧౪≦)てへぺろ

参加者さん、東京サロンさま、ありがとうございました。




[PR]

by hariponpon | 2013-11-24 23:45 | Comments(1)  

カピバラさん

c0215945_00262227.jpg
カピバラさんは~♪

c0215945_00262833.jpg
カピバラさんは~♪
c0215945_00263145.jpg
とにかくのんびりしていて~♪
c0215945_00263761.jpg
きゅきゅきゅきゅ~って鳴くんだよ~♪
c0215945_00265490.jpg
美味しかった~♪

[PR]

by hariponpon | 2013-11-21 00:29 | Comments(0)  

鍼灸による癌治療

癌の患者さんのおカラダを見せていただいた結果、共通項を見つけました。

進行すればするほど、その場所に変性が起きている場所がある、ということです。

逆にいうのなら、その位置をキチンと治療すれば直接の癌治療になるはずです。

今後も良い結果を出し続けます(´∀`)

[PR]

by hariponpon | 2013-11-18 22:29 | Comments(0)  

14日は

腰痛膝痛対策セミナーで講師をしてました。
いつもの如く茨城サロン主催です。

今回の参加者様は8名様でした。
滞りなく進行でき、参加者様方は大変喜んでくださいました(´∀`)

茨城サロンのご近所にお住まいの方も2名ほど参加してくれて、期待通りの成果でした。
元は茨城サロンの宣伝ですからね(´∀`)

今月の24日は東京でセミナーです。
右の枠☛をみてくださいね。

美顔鍼は眼瞼下垂にも効果ありますよ(´∀`)

[PR]

by hariponpon | 2013-11-16 21:31 | Comments(0)  

収支

数ヶ月前から作り始めた石鹸、茨城サロンから委託されてるクリームや化粧水。
これらが実に順調に売れている。雑貨品扱いだけど。

「これ作ったの(´∀`)」と患者さんに見せると、不思議とどれかを買ってくれるのだ。

ひとつだけ収支に問題がある項目があった。

グリーンカーテン、つまり今年の夏ゴーヤで作ったそれである。

枯れたまま放置してあった。

6つ種を蒔いて、半端に成長して結局「カーテン」に成りそこねたそれは5つの種を残してくれた。

........赤字である。

あーあ、と思いながら今日、枯れたそれをやっと処分することにした。

そしたら、
c0215945_22503641.jpg
これが枯れた枝に付いたまま放置されていた。
これ、中身は無事なんだろか?小さすぎるゴーヤ(成れの果て)だけど。

c0215945_22504252.jpg
なんだか黴びてるようにみえなくもないけど、なんとかなりそう。
そしてもう1つ似たような状態のゴーヤを発見(´∀`)

結果
c0215945_22504645.jpg
黒字となりました。

うれしー(´∀`)



[PR]

by hariponpon | 2013-11-12 22:54 | Comments(0)  

お土産

ちょっと、川越にいって「ふ菓子」を買って来ましたー(´∀`)
c0215945_22064294.jpg
でかいよね(´∀`)

[PR]

by hariponpon | 2013-11-10 22:09 | Comments(0)  

24日のセミナー用の

美顔鍼効果の写真を追加しました。見てくださいね☛
[PR]

by hariponpon | 2013-11-08 23:09 | Comments(0)  

すい臓がん治験報告

患者さんご本人から許可が出たのでライト療法によるすい臓がんの治験報告をさせていただきます。

今年の3月末に患者さん来院。
昨年の末に急激な体重減少と黄疸が起こったことで受けた検査により発見。

すい臓がんは基本「進行がん」の状態で発見される場合が多い。
見つかった時にはかなりの確率で「重篤」という事であるが、今回の例もそうだった。

治療で抗がん剤投与が行われたが結果が芳しくないばかりかどんどん衰弱していく。

うちの常連さんがそれを見かねてうちを紹介してくれたのが始まりだった。

この紹介を受けた時の行動で結果が左右される事が多い。
良い結果が出る人は間髪入れずに予約してくれる場合が多い。
今回もそうだった。


患者さんの希望は、お医者さんから約3ヶ月後のCT検査でがんが小さくなっていたら手術すると言われたので、それまでに手術できるようにしてほしい....との事。

なかなかの無茶振りである。

が、患者さんを診察させてもらった際「いけるな」と思ったので「なんとかなります」と言い切った。

根拠は

1.衰弱はがんによって引き起こされたのではない、明らかに「抗がん剤」のせいと診てとれたから。

1.だから患者さんに「正確な死のイメージ」が刷り込まれていない。

1.何よりも患者さんが全く生きる希望を捨てていない。

だった。

治療方針は、

1.ライト療法によって全身の免疫力を上げること。ライト療法は「免疫を正常にする治療法」である。異物をそれと知れるカラダに戻すこと。つまりライト療法とはがん治療にかなり向いている治療法なのだ。

1.抗がん剤を無効にすること。これは鍼で肝機能を正常化する処置で対応した。

だった。


効果はすぐに出た。
治療を受ける前はフラフラなのに、受けた後は1人で車に乗って帰ってしまう。

いつのまにか食欲が復活していて色々食べている。

6回の治療で、最初は1100を越えていた腫瘍マーカーが70付近にまで下がった。

10回の治療で30近くまで下がった。異常値は38からなので、ガンは休眠か死んでいることになる。


この時点で治療は3ヶ月たっていた。
そしてCTを受けて、手術できる状態だという事が確認された。

腫瘍マーカーの数値が下がったとしても、さすがにCTに影は写る。

でもこちらの見方は楽観的で「水垢みたいなものになってますから手術は簡単ですよ」と伝えておいた。

実際、簡単に剥がせたそうである。


現在の状態は、転移もなく体調も良好、食欲もありどんどん太ってきている。

もっとも手術前でも顔色も良く太ってきていたのだが。
あまりいないタイプのがん患者さんだと、お医者さんも首をひねっていたそうだ。

黄疸の原因とされた胆汁を逃がす為、体外に出されていたドレーンも外された。

実はもう1つ懸念があったのだが、それは手術と同時に消えてしまったのを確認。
誰にも話してなかったけど。

申し分のない状態である。


今回の治療の勝因は何よりも「患者さんが全く希望を捨てていなかったこと」その一事に尽きると思う。
やはりイメージは大切というか、そのイメージは今までどう生きてきたかの集約なので、今回はこの患者さんの「生き方」がジャッジされる状況だったということになる。

どんなに上辺を取り繕うが誤魔化せない状況は起こりうるのだ。
きっとこの患者さんは「正しく」生きてきたんだと思う。


実は今回の患者さんが手術できるようになった話をこの患者さんを知っている別の患者さんに話したら「先生!ありがとー( ;∀;)」と泣かれてしまった。
こんなこと初めてである。

そこまで大事にされている人の治療に携われた事を光栄に思っている。
[PR]

by hariponpon | 2013-11-07 00:10 | ライト療法 | Comments(0)