<   2015年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

幸福になるには

実は「感情」は自分の脳が作っているというより「カラダが作っている」というのが本当である。
故にポーズだけでもいいから笑っていると気分も楽しくなる、という現象はある程度までなら起こせる。

だから、人生の、先の見えないそれから起こる不安や不幸を避ける方法はないだろうか?と問われたら、

カラダの緊張の継続が不安感情を産み、それがタイムラグを経て現実の不幸に繋がるのだから、

「緊張をしなければ良い」となる。

まあ実際には緊張したら問答無用でそれを止めれば良い、となる。
「問答無用」が重要ですよ、そこで考えてはいけないということです。

要はリラックスする事とその深さが問題解決に繋がる。
もちろん適度な緊張までのリラックスですよ。
寝て待てとは言っていない、必要な行動はしなきゃいけない。
当たり前の事です。

ところが、そのリラックスの深さは「当人の闇の深さ」に規定されております。
欲深で傲慢で他人を落とすために幸せになりたい、と願う人間はプラス思考やリラックスをしようとすると却って不安感や過去の怒りが活性化するようになっております。

人間の精神はそういう構造になってるんです。

それが「光は闇を活性化する」というやつです。
良いことを考える(光)と悪い考え(闇)が動くわけです。

「触らぬ神にたたり無し」もある意味この類です。
軽い気持ちでまたはその権利があると勘違いしてスピリチュアルなデータに触れると頭がおかしくなる人間がでてくるのはそのためです。


結局は悔い改めが基準となってる。

間違いなく人生は「自分は何者か」を知るまたは知らされるための場で、
それを明るみに出す「光」は個人の人生の年月に比例して増えていくものだから。

悪いことをした人間はその自覚が有る無しに関係なく報いは起こるし、
保身の為にそれを見てみぬふりをしていた人間は「思いもよらぬ不幸」の予約をした事になる。

[PR]

by hariponpon | 2015-08-30 14:04 | 心の地図とその仕組み  

正体

この歳(44歳)まで生きると、20歳の頃には考えられなかった「20年ぶりに会う人」がでてくる。

昔の自分が見てもそして今の自分が見ても「なんでそれが通るんだ?ズルいだろ」と思わせてくれた人間達に会うことになる。

びっくりするくらい皆が、本当に全員落ちぶれていた。
学校の成績は一番だったのに、運動神経も抜群だったのに、あんなに人気者(自分には不人気)だったはずの人間達が。

やはり本当の事というのは証明されちゃうんだな。

20年かけて落ちぶれてきたわけだ。
そんなに長い時間をかけて作ってきた下り坂、もう戻る事は出来ないんだろうな。
その癖の修正も不可能だろう。

ちゃんと苦労してきて良かったよ。


[PR]

by hariponpon | 2015-08-28 22:18  

実際はもっと長いのかもしれないけど、自覚症状としては28年も自分を苦しめて来た、と言うか改善出来なかった部分が勝手に治ってきている。

朝起きる度に新しいカラダになってくれているような。
「ああ、生きる事とはこんなに爽やかな事なのか」と驚き喜んでいる日々。

何て表現したらいいのだろう。
でも、とにかく、自分はこうなるのをとっくに知っていた感がある。
寧ろ、この状態で無い現実に対する違和感を消す為に生きてきた、とも言えるのだ。

そして、その違和感がとうとう消滅仕掛けてくれている。
そんな日々である。

今建てている家の一室。
よく見る夢に出ていた「白い部屋」がある。
どうやら自分で作るのが答えだったようだ。

じゃあ、もう一つ夢によく出ていた湖畔も、自分でなんとかする景色なのかもしれない。
何にせよ、もの凄く気持ちが良いに違いない。

それが現実に重なる時は。

[PR]

by hariponpon | 2015-08-27 03:37  

改良

ライト療法の一部に追加する要素を発見。
理論上は14に組み込まれると思う。

これで治療がよりカラダに通り易くなる筈。

[PR]

by hariponpon | 2015-08-25 19:58 | ライト療法  

実験箱

先に進めるかどうかの基準とは何なのだろう?
もちろん要素としてのそれは確認している。

他人を自分の下に置きたがらないとか、自分は悪くないと騒がない事とか。

まとめるのなら、悔い改めが出来るかどうかがポイントになるのだろうけど。

でも、この脳の回路の再構成と云ってもよいこの選択、はっきり言うと出来る人と出来ない人間、殆ど生まれつきなんじゃないかと思えてしまう。

この3年間はその証明期間だったのではないかと感じちゃうんだよねえ。

そこを頑張らなきゃいけない所で、元からの楽な道か、怖い誰かの言う事聞いて安心するか、見て見ぬ振りで目を閉じ耳を塞いでチャンスが去るのを待つか、暴れたり鬱状態になって自分はやりません出来ませんと周りを諦めさせるか。

とにかく出来ない人間は本当に出来ないのだ。

後から振り返ればただの確率の問題なのかもしれないけど。

彼は出来たということは彼女は出来ない、そんな感じで。

さながら理論を証明する為の実験観察みたいに。

[PR]

by hariponpon | 2015-08-24 01:51 | 心の地図とその仕組み  

右枠を読んでね

島道鉱泉のサービス内容が少々変わったそうなので告知しておきまーす。
[PR]

by hariponpon | 2015-08-21 12:17 | 島道鉱泉  

粛々と

自分のカラダの改善が進んでいる。
ここ5年間の改善の度合いを10日で進んでしまった。

もの凄い早さである。

また頭に飛来するものがあったので師匠に確認。
やはりオッケーらしい。
江戸時代って本当にいい時代だったみたい。

確かにこのマインドセットで大多数の人が生活していたら、この世は天国になる筈だ。

[PR]

by hariponpon | 2015-08-20 01:47  

餃子

宇都宮に餃子を食べに行った。

お目当てのお店は有名餃子店のすぐ側。
向かう途中に大きな神社が。

で、御迎えである。

わたし「めんどい´д` ;」

が、祭殿で受け取ったものは今までとはまるで違うものだった。

一応師匠に確認したら、

「良いもの」だそうだ。

珍しい事である。


因みに、お勧めの餃子店は「高橋餃子」と「味一番」
美味しかったです。
有名な「みんみん」は好みじゃなかったなあ。

[PR]

by hariponpon | 2015-08-17 22:31  

戦争

今日は終戦記念日だからテレビでその関係の放送というかドキュメンタリーをやっている。

基本こういう番組は被害者であり加害者である戦闘員もとい民間人の記録を垂れ流しにする感じなんだけど、いつも思うのだけど肝心な事が入ってない。

末端の記録やインタビューをしたって何の意味もない。
「戦争って何ですか?」なんて最も意味の無い質問なのだ。

大抵の人間は答えられないから、

要は金が欲しくてその為に戦争を起こしたい人間に国ごと騙されただけだ、と。

戦争を必要だというプロパガンダに騙されないようにしなければならない。

それが真の教訓のはず。

少なくても今まで日本が関わった戦争に関しての本当の敵は、

身内にいたのだ。

[PR]

by hariponpon | 2015-08-15 22:33  

美味しい水

c0215945_19231965.jpg
散らかってますがライトの冷蔵庫でございます。
島道鉱泉水が半分を占めております。

コーヒーや、なぜかビールも入ってますけどね。


以前にも書いたのですが、島道鉱泉水は飲んで良し、お風呂に入れてよし、ついでにお払いにも使えるという不思議美味しい水です。

最近感じる事は、この歳になると(44歳)ほぼ食べる事くらいしか楽しみがないかも、ということ。

島道鉱泉水は、ほとんどの飲み物にほんのちょっと入れるだけで美味しさは上がるという性能を持っています。
だから日ごろ重宝しております。

ビールとかにちょこっと入れるだけでも味が変わる。
ウイスキーとかもです。

天然氷ってあるでしょ、急いで食べても頭がキーンとならないやつ、ああいう氷に近い、味が丸くなるんです。

水に混ぜて使う場合はキャップ1杯の量を2リットルの水に混ぜるだけでオッケー。

お風呂に使うと温泉みたいなお湯に変わります。
温泉の元と考えていただいて結構。
200リットルに100ccの鉱泉水を混ぜれば良いことになっていますが、大抵のお風呂のお湯の量は140~160リットルで使うはずなので70~80ccの鉱泉水で足ります。

クーラー当たりや夏ばてに効果があるお湯になります。
または熱中症の予防にもなるはずなので、この暑い夏は特にお勧め。
大抵の病気は夏の冷えから始まるのです。
不妊症もこれに属します。


美味しさを追求したい方、健康になりたい方、是非島道鉱泉水をお試しください。

詳しくは右枠の島道鉱泉にご連絡を⇒


[PR]

by hariponpon | 2015-08-14 22:41 | 島道鉱泉