<   2016年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

支払い

こちらの伝えた危険サインを無視していた患者さんが病院送りになってしまった。

だから言ったのに。

最近そういう患者さんが複数名出てきてしまった。

四十五十肩みたいに「大抵なる疾患」はカラダがいつかは疲労が溜まって壊れる、という証明のようなそれ。

好む好まないに関わらず、支払うべきものが人間にはあるのだ。
苦痛かお金か、人生そのものの崩壊か。

[PR]

by hariponpon | 2016-02-28 22:01 | 心の地図とその仕組み  

終局

自分のカラダ側の強根が抜けた。
残り香的な問題はあるがそれもやがて自然に崩壊するだろう。

最後の情報はいたってシンプルだが、ちゃんとした過程を経ていないと意味が解らないもの。


人生を意味のあるものにしたいと願い、最後に知ったこの知識は、当たり前に幸福を得る為のそれだった。


[PR]

by hariponpon | 2016-02-26 01:26 | 心の地図とその仕組み  

福岡出張

今月も福岡サロンにお邪魔してきました。
先月に引き続き、なぜか一番寒い日に行きました、何でだ?
雪がぱらついてましたよ。

今月は1日目がいつもと同じ感じで2日目が暇でした。

空いた時間はオーナー息子さんとの話し合いに使いました。
今年もスポンサーになりましたよ。

先月今月とオーナーの持ち家の一室に泊まらせてもらったのですが、疲労回復が凄くて、でも、と云う事は最近の家やマンションに住んでいる人はどんどん不健康になっていくという事だな、と再確認しました。
うちはそんなんじゃなくて良かった。

今月もお世話になりました。
来月もよろしくお願いします。

来月は石鹸作りだ。

[PR]

by hariponpon | 2016-02-23 13:08 | 出張  

予想どおり

ここ2日間「努力はしたくないけど、無事に生きたい」と願う人間が複数名やって来た。

叱り飛ばして帰らせたけど。

無事に人生を通したいのなら、価値のある人になりなさいな。
少なくても頂くお金に見合うくらいのスキルは持ってなくちゃ。
せめて自分のマイナスの感情くらい、外に漏らさずに自分の中で納めなさいな。

欲が深い人間は、思いが強ければ当然それが叶う叶うべきだ、と平然と考えるんだよなあ。
勿論そういうのを「考える」とは言わないのだけれど。

[PR]

by hariponpon | 2016-02-21 01:14 | 心の地図とその仕組み  

ハルマゲドン

どうやら個人個人で表現が違うけど、その人や人間の中に起こるものだった。

ドアを開けて部屋に入る、みたいな自然な感じでそれは起こった。

碌な準備をしていなくて酷い目に会う予定の人間はハルマゲドンと呼び、準備をしていた人は最後の審判と呼ぶだけの話だ。

差し詰め自分にとっては、やっと解放されたー楽だー!、です。

[PR]

by hariponpon | 2016-02-19 01:49 | 心の地図とその仕組み  

ただいまー

先ほど福岡出張から帰宅しました。
詳しいお話はまた後でー。

[PR]

by hariponpon | 2016-02-18 00:45  

慢性腎炎とアルブミン

慢性腎炎から人工透析しなければならなくなる基準となるのがクレアチニンの値なのですが、それをアルブミンを増やす処置を行う事で回避した例が2例ほどあります。

クレアチニンもアルブミンも下がり始めたら西洋医学的にはどうしようもないそれなのですが、自分の鍼なら何とかなるようです。

が、如何せん事例が少ない。

と、云うわけで条件を満たしてもらえば無料で治療します!みたいな募集を行います。

詳しい条件まだ決めてないけど。

でも、やっぱりフェイスブックを始めてそこから発信した方が集まるのかなあ。

訳の判らない人間と繋がると聞いていてダルいんですよねえ。
[PR]

by hariponpon | 2016-02-15 22:21  

死に至る病

「先のことを不安に思う」も一種の病気で、カラダ側の問題だ。

故に治療可能。

[PR]

by hariponpon | 2016-02-14 01:16 | 心の地図とその仕組み  

定位置

c0215945_17403335.jpg
そういえば猫を食べる文化ってあるのかしら?

[PR]

by hariponpon | 2016-02-13 17:41  

火消し

人間は、自分の思い通りにならない事があると、そのストレスを他人に渡したがる。

形としては相談であったり愚痴であったり八つ当たりである。

でもそれはストレスを渡した相手がまた誰かにそれを渡す事を意味する。

同じ大きさ多さのそれを渡すだけでも御近所に回覧板を回すように不幸が周る事になるのに、最初の自分の思いが身勝手過ぎるものであったり、周った人間の数だけストレスが加算されて行くので、最後にそれは社会的な問題となっていく。

御近所のいざこざ→村の問題→村どおしの問題→(大きな欲望、欲深い人間が絡んで)国の問題→国どうしの戦争、な感じである。


自分の考えや思いを通す事こそ正しい、の到達点が今の社会の状況といえる。

日本が他の国と決定的に違うのは、上記の考えとはまるで逆で、自分の考えを通すことではなく周りと仲良くする方に美徳を感じる感性があるからだと思う。
同じように周りを海で囲まれている台湾もそうなのかもしれない。


問題を悪化させない為には、誰かが思いの連鎖を、自分の問題として受け止め堰き止める必要があるのだ。

それがハタラクと云う事。

火消し。

それが出来れば、生きているだけでこの世を綺麗にしている人、と云う事になる。


気にくわない事があるからと言って、ギャーギャー騒いで周りに火をつけて周るような精神性を否定するそれである。


それが出来ないと社会は悪くなるばっかりである。
勿論、火をつけて周る周った人間には責任を取ってもらうことになるだろうけど。
何しろそういう人間は、生きているだけでこの世を壊している事になるのだから。





[PR]

by hariponpon | 2016-02-09 01:15 | 心の地図とその仕組み