鍼灸編 5 痛み

身体感覚のおける「痛み」の意味のほとんどは「警告」です
「もうこれ以上行動してくれるな、先々本当に壊れるから」という意味です

初期の腰痛患者さんがいたとしましょう
腰の筋肉に異常があると診断され病院で痛み止めとシップもらってきます
痛み止めの効果がある間は動けるけれど切れると痛くて動けないという状況になるとします
上記のような「痛み止めが効いている間は行動可能」という状況はよくある事例です
が、この状態、よくみると極めて異常ということがみてとれますでしょうか?

腰痛の原因が「筋肉の異常」ならば、痛み止めが効いていようがいまいが動けないのが理屈ではないでしょうか?
加重を受け止められない筋肉だからこその痛みの発現のはずです
痛み止めで筋肉は治らないはずなのになぜ動けるのか
これが痛みが「警告」である証明となります

しかし実際の現場では何かしらの故障があった際に痛み止めを飲んでそのまま治癒してしまう例は山ほどあります
その状況では何が起こっているのでしょう?
ある意味、治療効果がない薬を飲んだのに治癒してしまう矛盾はなぜ普通に起こるのでしょうか?

答えは治癒力の分割にあります

体はそのどこかに異常が起こった際に当然治癒するように働きます
基本的に行動されて体力を使われても治せる程度の異常ならば意識に痛みはあがってきません
行動されて体力を使われてしまうと治癒力が間に合わないと判断された時点で痛みが発現します
つまり「警告」です
ところが体が警告の為に出した「痛み」を「消す」作業も同時に行われているのです
つまり一度痛みが異常が起こってしまうと「治癒力」が「痛みの原因となる異常を治す為」と「痛みを消す為」に二分されてしまうのです
二分された治癒力で異常を治しきれればそれでよしなのですが、そうでない場合は痛みはありつづけます

そこで、痛み止めを飲み痛みを消せば治癒力が異常にだけ向かうことができるのです

痛み止めの効果が切れた時間に痛みが消えていれば、治療としてはそれでよしということです
もっとも効果が切れたら痛みが戻ってきたり、飲んでも効果がなかったり、毎日飲むのは間違えかもしれません
それは治癒力が足りないということなので、どうやったら治癒力がきちんと働くのか考えなくてはなりません
[PR]

# by hariponpon | 2009-10-12 17:01 | Comments(0)  

鍼灸編 4 陽気と熱

前回のテーマは感覚と実際は違うということでした
言い換えると「暑いのは寒い」ということです
今回は局所でそれが起こったらどうなるかを説明します

①は正常組織における「血液と熱の関係です」
黒●が血液を、縦のひょろっとした矢印が血液がもってくる熱が組織に浸透しているという事を意味しています
c0215945_16561791.jpg


②は何かしらの原因で血管が収縮した際の状況を表しています

c0215945_16564840.jpg


収縮して狭くなった血管を無理無理血液が通過する状況です、ゆっくり血液が流れています
結果正常な状態より血液が保持していた熱が組織に多く置いていかれる事になります

手や足をどこかにぶつけるなどして、痣ができたとしましょう
その部分が腫れ熱くなるはずです
でも現実にはその部分の血管はつぶれて血液が供給されにくくなっているはずです
血液が供給されないなら他の正常な場所より痣ができた部分は冷えているのが理屈ではないでしょうか?
しかし現実には触れると熱いはずです

②はその理由をあらわしています

血管が収縮する理由はさまざまですが、収縮した血管を正常な状態に戻すやり方は一種類ですみます
それは「温める」です
結果として「温めて」治ったら、その部分は「冷えていた」ということになります

つまり「熱を持っているところは冷えている」です

正常な身体活動をする際に必要な熱を東洋医学では「陽気」といいます
陽気は脳からの命令で統制されたエネルギーだと考えてください
上記にあるような結果として生じてしまった熱は異常なものです
統制されていない身勝手なものなのですが、組織は温められると活動しろとの命令がきたと考えるので活動してしまいます

この熱がぶつけた場所に溜まれば痣となります
皮膚表面に集まれば黒子となります
関節に溜まればガングリオンを生じます
消化管に溜まればポリープとなります
実質性臓器に溜まれば腫瘍になります

ですが根底にある原因は実に単純なモノ「血管の収縮=冷え」です
単純すぎるが故に西洋医学で癌の予防薬を作ろうとしても不毛に終わるのでは?と感じています
なにしろ前回のブログで書いたような冷えは常におきているのですから
[PR]

# by hariponpon | 2009-10-12 16:56 | Comments(0)  

鍼灸編 3 寒熱と体感の視差

人間の体質を大別する目安に「冷え性」と「暑がり」の二種類があります
まあ読んで字のとおりの感覚なんですが体内で起こっている事はまるで逆なのです
病気を治す為にそれなりの健康観というものを持っておいたほうがよいと思うので今回はそれを説明しようと思います

①②の人型の絵は体温の偏移を表しています
黒が寒いところ白が暖かいところと見てください
①の人型は冷え性の人の温度配置です
外側つまり皮膚表面に近いところが冷えています
感覚があるのは皮膚ですから当然寒さを感じていることになります
こういうカラダの人は不調を感じやすいので常に具合が悪いと訴えています
ですが病気が小さいうちに気がつくので大事に至らず結果長生きな場合が多いです

c0215945_16494739.jpg




②の人型は暑がりの人の温度配置です
外側は暖かいのですが核心が冷えています
このタイプのカラダの人は体の不調というものを感じにくく元気です
ですが健康故に健康観というものを持てないないので不摂生をしやすく結果早死にです

①のタイプの人はとにかく食事も含めてカラダを冷やさない事、運動して汗をかくという事を習慣ずける事が重要になります
②の人は「カラダを大事に!」と周りの人に言われてるはずなのでそれを素直に聞けばよくなります
つまり頑固な人多いです

さて、今回のブログの重要な点は人型ではなく人型に向かう矢印です
それは外部から侵襲してくる「冷え」を意味してます
①は跳ね返していますが②はそれができていません
冷え性の人は外部からの冷えを防ぐ機構があり暑がりの人にはそれがないということです
これが結果病気になるかならないかを決めているのです
冷え性の人は皮膚表面の毛穴を閉じたり、極端な場合浮腫みで外気の侵襲を防ぎます
結果体内の核心温度をキープできるのです
暑がりの人は冷えが入ることを最初から許してしまっているのでどんどん核心温度がさがっていってしまいます
核心温度が病的なレベルまで下がった時には既に治らないレベルの病気になっているということです

ですが②の状態に①の体質の人でも日常的に変化している時間や季節があります

それは発汗時です
お風呂をあがってカラダが暖かいはずの時にちょっと風にあたっただけで風邪をひいてしまう理由、眠っている子どもは触れるとかなり熱いのに布団をはいだだけで風邪をひいてしまう理由
それは②の状態「暖める事は嫌うが冷やしてもらうのはok」になっているからなのです
結果核心温度が冷えて病的(風邪)になるということです

夏場の暑いとき、汗をだらだらかいている時もこの状態です
体温は「外気温度+体温=36.5」に設定されるはずなので外気温度が高ければ高いほど本当の体温は低く設定されます、体温は内臓の働きで生み出されるものなので結果内臓は働かなくなります
夏場食欲がなくなる理由がこれです
この状態の時は冷やされる事を許すので、汗をかいた状態でクーラーの部屋に入るとなお核心温度が冷えます
そしてどんどん病気に近づいていきます

近年温暖化が騒がれていますが、ただ暑いだけで人は病気に近づくのです
最後の一厘がどのように人体に降りかかるかはわかりませんが、見た目上の暑さは人類に多大な影響を与えてくると考えています
[PR]

# by hariponpon | 2009-10-12 16:50 | Comments(0)  

鍼灸編 2 病位と発散

東洋医学的見地からするとカラダとは6階建ての地下ビルに例える事ができます
さらに大きく分けると陰と陽の2階建て地下ビルになります
陰は深いところ、陽は浅いところとご理解ください
そして陽にたくさんある「陽気」は発散を意味し、何を発散するというと、「邪」を発散するとなります
つまり「浅い=陽位」は病気の出所、表れ所ということです
基本的にお腹側が陰で背中側が陽になります

「邪」とは、とにかくカラダに入った何かしら都合が悪いものです
が、問診やカラダを診せてもらう事でみえるのは「邪」ではなく「邪」をカラダがどう処理しているか、していたかの結果であることを最初に書いておきます

例えば胃のツボに反応があらわれている場合、「何を食べたりして、またはなぜ調子が悪いのか」は最終判断までわかりませんが、「とにかくこのカラダは胃で何かしらのストレスを処理しているか、または処理に失敗してこの状態になっている」ところまではわかるということです

胃に問題があったとしてもカラダがどう処理するかというと写真①のように肩こり、胃の裏、腰痛の形で邪を発散する事があるわけです
これが肩が痛い,腰が痛いと医療機関に訴え治療してもらっても治らない理由です
問題はお腹側の胃にあり、邪の出口である背中に表れてるだけだからです
ですからこの状態の場合、お腹側の胃を治療しなければ背部の肩こりや胃の痛みや腰痛は治りません
あくまでも患者さんの訴えはカラダの免疫が働いた結果であってこちらが行う処置の目標でないことをご理解ください

c0215945_161428100.jpg




②は原因が発散されないで、陰の位置でしばらく膨れたのち背中側にあふれてきてしまった状態を意味しています

基本的に陰の位置にあるお腹側の問題が背中側にでるのは免疫が正常に働いた状態です
邪が深い位置に入っても陽の位置に浮かせれば苦しいけれども治るということです
逆に感じなければどんどん病気が進行することになります
②の絵はガンなどなかなか治らない病気の進行の仕方です
背中に浮いてきた邪を発散させても病気はカラダの奥に山ほど埋蔵されている状態です、当然治療効果はあがらない結果となります
これはあたしが患者さんによく質問することですが、10センチの切り傷と1ミリの癌を比べてどちらが痛いか?
ではどちらが恐ろしい事か?

感じることと本当のことにはかなりの差があるのです、まあ程度問題ですが
[PR]

# by hariponpon | 2009-10-12 16:16 | Comments(0)  

鍼灸編 1 2000年問題


2000年に鍼灸師の資格を取り、堂々と人前で鍼が打てるような身分となったわけですが、その頃は言わば新米だったので迷いながらの臨床でした
しかし、資格をとった時期の前後から患者さんの体が急に変化した事は印象深いことでした

2000年以前の鍼灸師的な身体の診断方法と治療方法は、あくまで「肝、心、脾、肺、腎」の内臓の働き(五行)のアンバランスを見極め、そしてそれらのバランスを取るのが基本となっていました
それは同時に五行の各々がほぼ同等の確立で異常を起こすという事を意味します
肝がおかしいと訴える人と、腎がおかしいと訴える人の数は統計学的にみて同じくらいな筈ということです

ですが2000年の4月前後から患者さんの大多数が同じ診断となってしまう形が極端に多くなりました

腎が極端に弱くその後トッピングされたかのように他の経絡が弱いという形ばかりになったのです

図示すると写真のようになります、ちょっとぼやけてるけどわかるはずです
各内臓同士の関係です、同等だったはずの各内臓の位置関係が「腎が弱い」事を前提にした配置になっています
これはまず最初に「誰もが腎を治療しないといけなくなった」事を意味します

症状的にはアレルギーや扁桃腺の炎症、そこから派生する自律神経の乱れが大抵の患者さんのお体に隠れていることになったということです
東洋医学でいう「腎」とは西洋医学的にいうと腎臓と副腎皮質を意味します
副腎の主な働きは髄質からアドレナリン(ストレスを感知した際にカラダを興奮させるホルモン)、皮質からステロイド(炎症やストレスを治すホルモン)の分泌です
「腎が弱い」ということは「疲労や炎症、精神的なストレスが取れない」事を意味します

c0215945_1522155.jpg



さらに人体は変化していき、昨年からさらに深刻な変化をしました
腎よりもさらに心を打たれている患者さんが激増したのです

c0215945_15232694.jpg


東洋医学でいう「心」は「心臓」ではありません
「中心」の「心」なのです
この時点で各経絡および内臓の芯、まで病邪が進襲する仕組みができてしまったことになります

c0215945_15235938.jpg


人体の中心とは間違いなく背骨です、つまり中枢神経です
そこが壊されるという事は脳と脊髄に問題が起こるということです
現在その中心を守ってきたバリア的経絡は働いていないことになります
[PR]

# by hariponpon | 2009-10-07 15:31 | Comments(0)